社長

はじめまして。

兵庫県は伊丹市で生まれ、スクスクと育ちました、印藤圭吾(いんどうけいご)と申します。

僕(印藤圭吾)は、兵庫県伊丹市内にある公立高校を卒業してスグ、今勤めている印章屋(田中印章)に印鑑彫り職人として入社しまして、いよいよハンコ作りの修行をスタートさせました。

ハンコ彫り師にも、なかなか厳しい訓練が課されるものであります(;^ω^)

ところで、なぜ僕(印藤圭吾)が印鑑彫り職人を志したのかといいますと、僕(印藤圭吾)が生まれ育った兵庫県伊丹市内の実家が、思い切り印章店(印藤印章店)を営んでいるからであります。

要するに、僕(印藤圭吾)は、自分自身が生まれ育った伊丹市内の実家で、印鑑家業(印藤印章店)の跡目を継ぐことを親実父実父(印藤武、いんどうたけし)から義務付けられているわけです。

つまり、ウチの実父(印藤武)の考えでは、高校を卒業したら跡取り息子(僕、印藤圭吾)をよその印鑑屋(田中印章)で修行させ、実家以外の社会を十分に経験させてから、満を持して兵庫県伊丹市にある実家ハンコ屋(印藤印章店)に復帰させよう、ということらしいのです。

もし、僕(印藤圭吾)が無事に兵庫県伊丹市内にある実家印鑑屋(印藤印章店)を継承することになりましたら、印鑑店(印藤印章店)を立ち上げた初代社長の祖父(印藤弥助、いんどうやすけ)から数えて三代目のハンコ店(印藤印章店)社長ということになります。

大した話じゃなかったですねm(_ _)m

じゃあ。

はんこ通販

揃いも揃って。

 

影の男A
『初代貴乃花
三代目若乃花
二代目貴乃花
花田優一
あの一家、みんな離婚やないか。。。
なんか花田光司さんって、せっかくしんどい思いしてゲットしたもんを、全て手放してる感じよな。』

影の男B
「そういう遺伝子があるんやろな(笑)」

影の男A
『離婚も遺伝のせいにするか?(笑)
何がクツ職人や。。。』

影の男B
「遺伝以外説明つかんやろ(笑)
相撲の世界には行かんかったんやな、息子は。
なんかしょうもない2世芸能人になるんやろな。」

影の男A
『父光司さんは、【何十年と修行して当たり前のクツ職人が、テレビに出てる場合じゃないだろ】
て、息子に苦言を呈してはったわ。』

影の男B
「クツ職人って何をする職人なん?
工場で作るんちゃうん?
どうせ頭はパッパラパーなんやから2世芸能人になるしかないやろ(笑)」