片山

池田市印鑑

おはようございます。

私は、九州は長崎県に住んでいる片山工事(かたやまこうじ)と申します。

私(片山工事)は、長崎県のとある老舗印鑑店(内村印判、内村義昭社長)で働きながら、印鑑彫り職人になるための激しい修行をしています。

実をいうと私(片山工事)は、同じ長崎県内にある印鑑店(片山印房)で生まれた曰く付きの人間なのであります。

何を隠そう私(片山工事)は、いずれ実家印鑑店(片山印房)の経営を継ぐように父親(片山印房社長の片山達四郎)から義務づけられている長男坊、その名も「宿命の工事」なのであります!

では、現在の私(片山工事)の置かれている状況を、分かりやすく正直に説明申し上げます。

まあ、カンタンに言うと私(片山工事)は、社長として実家の片山印房を継ぐ前に、印鑑彫り職人の修行も兼ねた社会勉強をするため、父親(片山印房社長の片山達四郎)から無理やり内村印判(内村義昭社長)へ押し込まれてるってヤツなんですね・・・。

どうも内村印判(内村義昭社長)は、昔からウチの印鑑店(片山印房)と付き合いがある印鑑店みたいでして(;^ω^)

まあ、ウチの父親(片山印房社長の片山達四郎)が、内村印判の内村義昭社長に頼み込んで、私(片山工事)を預かってもらったという形なんでしょうね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です