因縁

印鑑豊中※なんで安いハンコ通販やなしに、町の印章屋を選ぶん?

ボクちん(北村邦実)がはんこ彫り名人の猛特訓をさせてもらっている三谷印鑑(三谷掲示社長)には、ボクちん(北村邦実)のほかにもはんこ彫り名人になりたい男子社員がふたりほどいるのであります。

ボクちん(北村邦実)といっしょにはんこ彫り名人になりたい仲間ふたりの名は、高野達志朗(たかのたつしろう)君と田中将太(たなかしょうた)君。

ボクちん(北村邦実)、高野達志朗君と田中将太君の三名の男子社員は、世間に恥じないはんこ彫り名人になるため、相互協力し、互いを刺激しながら連夜の厳しい猛特訓に耐えているのであります。

さて、ナイショの話ではあるのですが。。。

この2名、高野達志朗君と田中将太君も、じつは各人がハンコ店を生家に持つ世継ぎ嫡男なのであります!

高野達志朗君の生家ハンコ店は『印章の高野』さま、田中将太君の生家ハンコ店は『田中判子』さまというそうで。

そろって3名ものハンコ店世継ぎ嫡男が、同一の目的でひとつのハンコ店(三谷印鑑、三谷掲示社長)に時を同じくしながら合流するとは、なんという縁なのでしょうか!

この、ひとうのハンコ店(三谷印鑑、三谷掲示社長)で重なることとなった不思議な因縁を大切にしまして、高野達志朗君と田中将太君のふたりが次期代表取締役社長となるであろう『印章の高野』さまと『田中判子』さまとは、わが北村スタンプとしましても、いつまでも仲良くお付きあいを頂きたいと切望する次第でございます。

それにしてもですね、どこのハンコ店の代表取締役社長さんも、こぞって世継ぎ嫡男を人様のハンコ店に預けてるみたいですなあ。

やっぱり印章の世界なんかクソ狭い世界だから、ようするに考えることも似かよってるってことなんだろうなあ。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です