報告

印鑑箕面※通販ハンコがこない安いと、街の印章屋が困りはんで。

私の名は、羽山宏伸(はやまひろのぶ)と申します。

私(羽山宏伸)は、生まれも育ちも一貫して滋賀県近江八幡市なのであります。

この記事を読んでくださる皆様に対しまして、現在の私(羽山宏伸)の状況を包み隠さず報告させていただくことにいたします。

今の私(羽山宏伸)は、他人ハンコ店(滋賀県東近江市の三河印章工房)にて、立派なハンコ職人になるための厳しい修行をひたすら重ねているのであります。

私(羽山宏伸)は元々、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)で、立派なハンコ職人になるための修行を毎日積み重ねておりました。

というのも、将来的に私(羽山宏伸)は、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)の2代目社長となる、羽山家の長男だからなのであります。

しかし、滋賀県近江八幡市の中学校を卒業してからすぐ、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)に入り、すっかりぬくぬくと仕事をしてしまっていた私(羽山宏伸)は、二十歳になったある日、実家ハンコ店(羽山印章)の初代社長である父親(羽山公平、はやまこうへい)から、非情すぎる通告を受けることになります。

「おい、羽山印章の跡取り息子となるわが長男の宏伸よ!お前は来月から、他人ハンコ店(滋賀県東近江市の三河印章工房)で働かせてもらえ!わかったな!羽山印章の初代社長たる父親(羽山公平)の俺に、一言も文句は言わさんぞ!」

この時ばかりは、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)の初代社長である父親(羽山公平)も、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)の跡取り息子となる長男の私(羽山宏伸)の希望など、一切聞いてはくれませんでした・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です