赤いおっさん。

 

派手な赤い衣装に、わざとらしいぐらい白いヒゲといえば、サンタクロースのおっさんのトレードマークですわね。

何でいい年したサンタクロースのおっさんが、あんなアホみたいに派手な赤い衣装なんか、ちょっとその理由を小耳に挟んだことがありましてね。

なんか、赤には、人間から災いを遠ざけてくれる力があると言われてるから、サンタクロースのおっさんもウワサに便乗して、赤い派手な衣装をまとって各国を飛び回るんだそうですよ。

本当かどうか知らないけれど。。。

赤色に守られたサンタクロースのおっさんが、道中事故なく日本にたどり着きますように。

まあ、履正社高校野球部監督の顔が赤いのは、何が理由なのか知りませんが・・・。

高品質

 

薩摩本柘という印鑑素材について、あなたに解説してあげます。

だいたい、薩摩本柘という木は、柘という種類の樹木の中でもとりわけ木の繊維が詰まっている高品質タイプであります。

よって薩摩本柘という木は、日本印鑑業界で使われる印鑑の素材として非常に適している木材ということになるのであります。

薩摩本柘という印鑑素材は、木目がとても綺麗な木材になっています。

そして、値段自体もずいぶんとリーズナブルなものが多いことから、日本印鑑業界における印鑑の素材としては、最もポピュラーな素材のうちの一つとして広く世間に知られているのであります。

印章安い

ただ、薩摩本柘といえども木材であることには違いありません。

ですから、薩摩本柘という印鑑素材を使った印鑑を管理、保管する際は、湿度や気温に十分気を付けて、オーナー自らの手で保管をするようにしてください。

だいたい、薩摩本柘という印鑑素材を使った印鑑だけにかかわらず、印鑑というものの管理、保管みたいなことは、決してアホみたいな他人任せにしてはいけないことなんですよ!

当たり前ですが、印鑑大国日本において、印鑑みたいな大切なものを関係ない他人なんかに預けたりしたら、えてしてロクなことになりませんからね!

因縁

印鑑豊中※なんで安いハンコ通販やなしに、町の印章屋を選ぶん?

ボクちん(北村邦実)がはんこ彫り名人の猛特訓をさせてもらっている三谷印鑑(三谷掲示社長)には、ボクちん(北村邦実)のほかにもはんこ彫り名人になりたい男子社員がふたりほどいるのであります。

ボクちん(北村邦実)といっしょにはんこ彫り名人になりたい仲間ふたりの名は、高野達志朗(たかのたつしろう)君と田中将太(たなかしょうた)君。

ボクちん(北村邦実)、高野達志朗君と田中将太君の三名の男子社員は、世間に恥じないはんこ彫り名人になるため、相互協力し、互いを刺激しながら連夜の厳しい猛特訓に耐えているのであります。

さて、ナイショの話ではあるのですが。。。

この2名、高野達志朗君と田中将太君も、じつは各人がハンコ店を生家に持つ世継ぎ嫡男なのであります!

高野達志朗君の生家ハンコ店は『印章の高野』さま、田中将太君の生家ハンコ店は『田中判子』さまというそうで。

そろって3名ものハンコ店世継ぎ嫡男が、同一の目的でひとつのハンコ店(三谷印鑑、三谷掲示社長)に時を同じくしながら合流するとは、なんという縁なのでしょうか!

この、ひとうのハンコ店(三谷印鑑、三谷掲示社長)で重なることとなった不思議な因縁を大切にしまして、高野達志朗君と田中将太君のふたりが次期代表取締役社長となるであろう『印章の高野』さまと『田中判子』さまとは、わが北村スタンプとしましても、いつまでも仲良くお付きあいを頂きたいと切望する次第でございます。

それにしてもですね、どこのハンコ店の代表取締役社長さんも、こぞって世継ぎ嫡男を人様のハンコ店に預けてるみたいですなあ。

やっぱり印章の世界なんかクソ狭い世界だから、ようするに考えることも似かよってるってことなんだろうなあ。。。

北村

 

こんばんは。

ボクちんは、九州は宮崎県に住んでいる北村邦実(きたむらくにみ)と申します。

ボクちん(北村邦実)は、宮崎県のとある名門ハンコ店(三谷印鑑、三谷掲示社長)で働きながら、はんこ彫り名人になるための飽くなき猛特訓をしています。

実をいうとボクちん(北村邦実)は、同じ宮崎県内にあるハンコ店(北村スタンプ)で生まれたワケありの男子なのであります。

なにを隠しましょうボクちん(北村邦実)は、将来的に生家ハンコ店(北村スタンプ)の経営権を継承するように実父(北村スタンプ代表取締役の北村初、きたむらはじめ)から宿命づけられている嫡男、その名も「世継ぎの邦実」なのであります!

では、ボクちん(北村邦実)の近況を、バカ正直にわかりやすく解説いたします。

まあ、簡単に言うところのボクちん(北村邦実)は、代表取締役として生家の北村スタンプを継承するまえに、はんこ彫り名人の猛特訓も兼ねた社会的経験を積むため、実父(北村スタンプ代表取締役の北村初)から強引に三谷印鑑(三谷掲示社長)へ行かされてるってパターンなんですね・・・。

どうも三谷印鑑(三谷掲示代表取締役)は、その昔からウチのハンコ店(北村スタンプ)と付きあいをしているハンコ店だったみたいでして(–;)

まあ、ウチの実父(北村スタンプ代表取締役の北村初)が、三谷印鑑の三谷掲示代表取締役に頼み込み、ボクちん(北村邦実)を引きうけてもらったというパターンでしょうね。

 

 

印鑑東淀川区

片山

池田市印鑑

おはようございます。

私は、九州は長崎県に住んでいる片山工事(かたやまこうじ)と申します。

私(片山工事)は、長崎県のとある老舗印鑑店(内村印判、内村義昭社長)で働きながら、印鑑彫り職人になるための激しい修行をしています。

実をいうと私(片山工事)は、同じ長崎県内にある印鑑店(片山印房)で生まれた曰く付きの人間なのであります。

何を隠そう私(片山工事)は、いずれ実家印鑑店(片山印房)の経営を継ぐように父親(片山印房社長の片山達四郎)から義務づけられている長男坊、その名も「宿命の工事」なのであります!

では、現在の私(片山工事)の置かれている状況を、分かりやすく正直に説明申し上げます。

まあ、カンタンに言うと私(片山工事)は、社長として実家の片山印房を継ぐ前に、印鑑彫り職人の修行も兼ねた社会勉強をするため、父親(片山印房社長の片山達四郎)から無理やり内村印判(内村義昭社長)へ押し込まれてるってヤツなんですね・・・。

どうも内村印判(内村義昭社長)は、昔からウチの印鑑店(片山印房)と付き合いがある印鑑店みたいでして(;^ω^)

まあ、ウチの父親(片山印房社長の片山達四郎)が、内村印判の内村義昭社長に頼み込んで、私(片山工事)を預かってもらったという形なんでしょうね。

畑山

 

おはようございます。

畑山印章店で女店長を務める畑山鈴鹿(はたけやますずか)と申します。

我が子供をぶち殺すという凶悪犯罪を起こしたクソの畠山鈴香(はたけやますずか、無期懲役)とは全くの別人ですので、どうかご安心くださいね。

さっそく本題に入りますが、家の近所にある印章店に出向いて印章を注文する時、印章の印面に彫る字の書体について強いこだわりがあるなんて方は、もしかしたら少ないのかもしれませんね。

ですが、印章の印面に起用する書体の種類によっては、印影を見てくれる相手に対して与える視覚的な印象がけっこう違ってきたりしますよ。

例えば、印影を見てくれる相手さんに対して、視覚的に男らしい印象を与えるために必要なのは、太くて力強い書体でありましょう。

また、印影を見てくれる相手さんに対して、視覚的に女性らしい奥ゆかしさを感じさせるために必要なのは、細い字線の書体が良いだろうな、という調子なんですよね。

しかしですね、印章の印面に起用する書体を、あまりにも単純すぎて誰にでも読めるような書体(例えば楷書体)にしてしまうと、クソみたいな悪人たちから容易に印章模倣、印章偽造されてしまいますからね。

そのため、印章を悪用した犯罪への防犯対策のためにも、印章の印面に起用する書体には、複雑かつ難読な書体が好んで選ばれたりするのですよね。

日本印章業界におきましては、それはそれは硬軟様々なタイプの書体が数多く用意されているわけです。

だから、色々なタイプの書体を個々人の気の向くまま、それこそ好き勝手に選ぶことができたりします。→印鑑淡路

鈴鹿

印鑑淀川区

もし私(畑山鈴鹿)が、「男性陣に比べれば、小さめのサイズで印章を作成することが多い女性陣に対して、あなたからおすすめする書体はどの書体ですか?」と、印章シロウトに聞かれたと仮定します。

そんなとき私(畑山鈴鹿)なら、女性用印章に起用する書体として、いわゆる「細篆書体(太枠篆書体)」を推薦するところであります。

しかも、自信満々のドヤ顔で( ^o^)b

私(畑山鈴鹿)が書体の詳細解説をあなたに施すとするならば、細篆書体(太枠篆書体)は、日本国で出回っている紙幣(一万円札、五千円札、二千円札、千円札)にも多いに使われている書体であります。

細篆書体(太枠篆書体)は、元祖篆書体にありがちな太い字線を意図的にグッと細くした形の書体でありますから、ほっそりとした女性らしい字線で、柔らかいデリケートな印象を与えることができるのであります。

また、細篆書体(太枠篆書体)は、何と彫ってあるのかシロウトには非常に読みにくく、悪人たちが印章模倣や印章偽造をしにくいタイプであるため、印章犯罪に対する防犯対策にもかなり効果的であります。

そのうえ細篆書体(太枠篆書体)は、印面周りの枠が極めて太いので、ちっとやそっとの衝撃では文字が欠けにくいという、他の実用的なメリットなんかもあったりします。

しかし、細篆書体(太枠篆書体)って、すごいな。。。

私(畑山鈴鹿)は明日も、朝早くから印章店の店長勤務ですから、もう寝ることにします。

じゃあ。

報告

印鑑箕面※通販ハンコがこない安いと、街の印章屋が困りはんで。

私の名は、羽山宏伸(はやまひろのぶ)と申します。

私(羽山宏伸)は、生まれも育ちも一貫して滋賀県近江八幡市なのであります。

この記事を読んでくださる皆様に対しまして、現在の私(羽山宏伸)の状況を包み隠さず報告させていただくことにいたします。

今の私(羽山宏伸)は、他人ハンコ店(滋賀県東近江市の三河印章工房)にて、立派なハンコ職人になるための厳しい修行をひたすら重ねているのであります。

私(羽山宏伸)は元々、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)で、立派なハンコ職人になるための修行を毎日積み重ねておりました。

というのも、将来的に私(羽山宏伸)は、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)の2代目社長となる、羽山家の長男だからなのであります。

しかし、滋賀県近江八幡市の中学校を卒業してからすぐ、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)に入り、すっかりぬくぬくと仕事をしてしまっていた私(羽山宏伸)は、二十歳になったある日、実家ハンコ店(羽山印章)の初代社長である父親(羽山公平、はやまこうへい)から、非情すぎる通告を受けることになります。

「おい、羽山印章の跡取り息子となるわが長男の宏伸よ!お前は来月から、他人ハンコ店(滋賀県東近江市の三河印章工房)で働かせてもらえ!わかったな!羽山印章の初代社長たる父親(羽山公平)の俺に、一言も文句は言わさんぞ!」

この時ばかりは、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)の初代社長である父親(羽山公平)も、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)の跡取り息子となる長男の私(羽山宏伸)の希望など、一切聞いてはくれませんでした・・・。

公平

滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)の初代社長である父親(羽山公平)は、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)の跡取り息子となる長男の私(羽山宏伸)を、もっと厳しい環境でハンコ修行させるべく、あえて関係の薄い他人ハンコ店(滋賀県東近江市の三河印章工房)に預けることにしたんだと思います。

なんせ私(羽山宏伸)は、滋賀県近江八幡市の中学校を卒業してすぐ、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)に入社しました。

恥ずかしながら私(羽山宏伸)は、厳しい世の中を知ることなく、ホンマに滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)でぬくぬくとぬるま湯につかっていたのであります。それこそ、アホみたいな顔して。。。

そりゃ、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)での環境なんか、ぬるま湯の中のぬるま湯に決まってますよ。。。

だって、滋賀県近江八幡市にある羽山印章の初代社長である父親(羽山公平)を始めとして、羽山印章の従業員たるハンコ職人らはみんな、私(羽山宏伸)が幼い頃から知っている人たちばかりでしたからね。

たぶん、滋賀県近江八幡市にある実家ハンコ店(羽山印章)での勤務環境なんか、人間の体温よりぬる目、つまり風邪ひくぐらいぬる目のぬるま湯だったように記憶しております(;^ω^)

印鑑摂津

ホームシック

印鑑西淀川

たしかに、京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)からよその印鑑店(京都府福知山市の桑原印房)に移ったころは、あまりにも大きな環境の変化(ぬるま湯⇒冷たい世間)に思いきり困惑してしまって、何とホームシックにかかってしまう有様でしたよ。

しかし、バッチリよその印鑑店(京都府福知山市の桑原印房)での妥協なき環境に順応できた僕(松尾克昌)は、これからもよその印鑑店(京都府福知山市の桑原印房)にて妥協なく印鑑精進を重ねて、いつの日か京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)の2代目経営者として故郷に凱旋できる日が来ますように、不退転の決意でガンバっていきたいと覚悟を決めております。

京都府綾部市にある実家の印鑑店(松尾判子店)の跡取り息子となる僕(松尾克昌)には、朝も早よからよその印鑑店(京都府福知山市の桑原印房)での妥協なき印鑑精進が待っておりますから、このあたりで中座することにいたします。

現在の僕(松尾克昌)なんて、お風呂に入ってるときや食事してる時ですら、よその印鑑店(京都府福知山市の桑原印房)での印鑑精進のことをイメージしているぐらいですもんね。

なんぼ仕事やからって、やっぱり気の安らぐ時間がないというのは、身体に悪くて困ります。睡眠時間ぐらいはしっかり取って、印鑑のことから離れてリラックスしないとダメですもんね。

では、おやすみなさい。また今度。